体重が減ったのに体脂肪率が減らないのは〇〇しないから!

ダイエットする時に気になるのが体脂肪率。実際、目には見えないところにも脂肪はついていくものです。体重が減ったのに体脂肪率がなかなか落ちないという経験はありませんか?

今回は、【体重が減ったのに体脂肪率が減らないのは〇〇しないから!】と題して、

体重が減ったにもかかわらず体脂肪率が一向に減らない原因について解説していきます。



体重が減ったのに体脂肪が減らない!なぜ?

原因はいろいろ考えられますが、一番多いのは、運動を取り入れていないことが原因です。運動をせずに食事だけ制限をするというダイエットをしていると体重だけが落ちて、体脂肪は落ちないということが起こります。体脂肪は食事制限だけは落ちません。運動をしないと100%落ちません。正確には、食事と運動の両方を行って初めて体脂肪は燃焼されます。食事だけ制限して、体重が減ったのは、純粋に食べる量が減ったことにより、体内にある水分が抜けているだけです。脂肪は落ちていません。

食事だけダイエットでは筋肉量が落ちる

食事だけダイエットをすると筋肉量が落ちます。筋肉量が減少すると、体の新陳代謝の量が減ることでなってしまい、太りやすい体質になってしまいます。新陳代謝の量が減るということは、基礎代謝の機能が低下するということです。基礎代謝とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために自動的に行われている活動で必要なエネルギーのことです。減量する時に、考慮しなくてはならない事柄が、この基礎代謝だといわれています。この基礎代謝が落ちると普段エネルギーとして消費されるはずのものが消費されずに脂肪として蓄積されてしまうことになります。食事だけダイエットは、ダイエットしているつもりなのに逆に太りやすい身体を作っていることになることもあります。

体重だけが落ちると・・・

体重だけが減った場合、女性の場合は胸、男性の場合は顔などから減っていくケースが多いのです。女性としては、これは避けたいですよね。よくあるのが、胸がチャームポイントであったのになくなってしまったり、げっそりとした印象になってしまったりする事です。食事制限だけではなく運動も一緒にやって、筋肉は残すように上手に減量する必要があります。大切なのは、体脂肪のメカニズムと、上手な減量方法について知ることです。

体脂肪を減らす食事

体脂肪を減らしたいからといって食事に含まれる脂分を一切とってしまうというやり方は、あまりおすすめできません。減量は出来たとしても便秘になったり、肌荒れや吹き出物などの原因になる事もあります。一切排除してしまうとそういった弊害がでてきます。体脂肪を減らす為に必要な食事方法は、バランスよく食べるという事です。しかし、バランスよくというのが意外と難しいのです。

和食がおすすめ

減量のために手軽で一番簡単な食事は和食です。和食を毎日必ず食べる必要はなく、大切なのは料理をするときに、なるべく和食の要素を取り入れることです。和食といっても多種多様ですが、和食の代表とも言えるご飯、お味噌汁、魚、酢の物のような定食形式のもので、バランスが取れたものがいいです。反対にバランスが悪いのは、和食でも親子丼、カツ丼、天丼といった一品の料理です。これはバランスが偏っています。和食でもこういったものは控えましょう。減量中に体脂肪を減らす為に大切なことは、1回の食事に一品は低カロリーなおかずを組み合わせる事です。具体的には、酢の物や和え物が、低カロリーかつ簡単な一品というとあげられます。重要なのは一品、酢の物や和え物を加えることで、トータルカロリーを低くすることです。よく食事内容を吟味する事が、体脂肪を少なくする為のポイントです。ただし、減量中はストレスも溜まる事がありますのでたまには体脂肪を気にせず好きなものを食べるなど、ストレスと上手に付き合う事も大切です。

体脂肪を減らす運動

体についてしまった体脂肪を食生活だけで改善するのは、不可能です。しっかり体脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的です。具体的には、ウォーキング、ジョギング、水泳、エアロビクスなどがあります。有酸素運動とは、体内に酸素を取り入れて糖質や脂肪を燃焼させていく運動のことで、とくにダイエットに効果的と言われています。無理せず簡単にできるのが、特にウォーキングです。あまり運動が得意ではない人でもウォーキングであれば、気軽に取り組むことができます。まずは、家の周りを歩くなどして、慣れてから徐々に距離と時間を伸ばしていき居ましょう。

まとめ

体重が減ったのに体脂肪が落ちない原因で多いのは、運動を取り入れていないダイエットをしているからです。食事制限だけのダイエットでは、筋肉量が落ちて基礎代謝機能が低下して、逆に太りやすい体質になってしまいます。体脂肪をしっかりと落とすダイエットをするには、食事と運動の両面からしっかりと考えて実施することが大切です。食事は和食のメニューを意識して、運動はウォーキングを取り入れてみるのがいいでしょう。

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。