【フェアリーテイル極・魔法乱舞】リセマラは必要?!

フェアリーテイル極魔法乱舞 リセマラ 必要

早くも30万ダウンロードと好調の「フェアリーテイル極・魔法乱舞」

リリースされて約1ヵ月経ちましたがその人気は、まだ上がっていますね。

すごい勢いで今後もいろいろなイベントが行われると思うと楽しみですよね!

新規ユーザーの方は今からでも遅くないですよ!

そして、序盤でいい魔導士を手に入れてクエストや対戦を有利に進めたいですよね。

今回は、

【フェアリーテイル極・魔法乱舞のリセマラは必要?!】

について記事を書いていきたいと思います。

リセマラの必要性、行う上ので注意点などを紹介していきたいと思います。



リセマラとは?

多くの方はご存知かとは思いますが、念のため解説しておきますね。(笑)

「リセマラ」とは、「リセットマラソン」の略語です。

スマホゲームが流行りだしてきたころから、出てきた言葉ですね。

チュートリアル終了後に行うことができる無料ガチャ(レアガチャ)で強いキャラクターが当たるまで、

アプリのインストールとアンインストールを繰り返す行為のことです。

ちなみにマラソンとは、この作業がマラソンのように似ていることから、

「リセマラ」と呼ばれているそうですね。

改めて聞くとなるほど~と思いますよね。

リセマラは必要?

結論から言うと必要です!しかし、おおきな問題点が2点あります。

それは、次章で解説しますね。

別記事でも解説しますが、フェアリーテイル極魔法乱舞では★4魔導士が当たりとされています。

★3と★4では魔導士の能力に大きな差があります。

所持している固有魔法、最終的なステータスの両面から見てもその必要性は高いと考えられます。

序盤クエストやイベントを効率よく進める為には、やはりリセマラは必要です。

リセマラの注意点

リセマラの問題点は2つ1つあります。それぞれ解説していきます。

同じ名前が使えない

リセマラの問題点1・・・それは・・・・

「同じ名前が二度と使えない」ということです。

最近のアプリでは多いですよね。リセマラ対策でしょうかね?

私も最初に自分のお気に入りのキャラ名で登録して、失敗しました・・

もう一回リセマラをしようと思ってもお気に入りの名前が使えないのです・・( ノД`)シクシク…

そして、途中での名前変更ももちろんできません。

当然ですが、ナツやエルザといった登場する人気キャラクターと同じ名前は、

既に他ユーザーに使用されている為、使えませんのでご注意を!!

「燃えてきたァ」や「ですね!」有名?ないろいろなセリフすら使えませんでした。(笑)

チュートリアル終了後の報酬で妖精石(ガチャ用アイテム)がもらえない

チュートリアルを終了したとしても妖精石がもらえないので、ガチャをすぐに回すことができません。

ガチャ一回分を回すことが可能な妖精石を5個集めるには、ストーリーとデイリークエストを進める必要があります。

その分時間がかかります。

ただし、事前登録をしていれば、その特典で妖精石が5個手に入るのですぐに回すことができます。

リセマラの所要時間に関しては、この事前登録の有無で大きく変わってくるということですね。

この部分に関しては、今後なんらかの変更があるかもしれないですね。

2016年9月現在では、かなりリセマラの流れが改善され、妖精石ももらえるようになっています!!

詳しくは、リマセラの方法は?の記事へどうぞ☆

まとめ

リセマラは絶対に必要です!!というかやるべきです!

やはり序盤のクエストや、イベントを効率よく進めるには、★4魔導士は手に入れたいところです。

そして、リセマラの方法としてはとても簡単になりました。

時間もそんなにかからない上に、初回ガチャは☆4確定なので、強い魔道士で進めやすいです。

二度と同じ名前は、使えないので、その点を注意しながら行うようにしましょう。(^^♪

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。