目にとって重要な栄養素の「ルテイン」とは?

最近注目されてきている「ルテイン」という栄養素をご存知でしょうか?タイトルにもありますが、目にとてもいい栄養素らしいのですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか?

今回は、【目にとって重要な栄養素の「ルテイン」とは?】と題して、

ルテインとは、どのような栄養素なのかを詳しく解説していきたいと思います。



ルテインとは?

ルテインとは、カロテノイドという成分の一種です。カロテノイドの特徴としては、赤、黄色、オレンジといった、色調が鮮やかであることです。ニンジンやトマトは鮮やかな色をしていますよね。これは、ニンジンであれば、α-カロテンや、β-カロテンというオレンジ色のカロテノイドが含まれているからです。トマトであれば、リコピンというカロテノイドが含まれているからです。カロテノイドは現在確認されている種類だけでも六百以上も存在しています。この中でも、一般的に摂取している食材の中には、およそ四十から五十種類のカロテノイドを含んでいるといされています。

研究でも実証済の効能

カロテノイドは、数百種類あるどの種類でも抗ガン作用や、抗酸化作用などといった効果があり、身体に色々な良い影響を与えてくれることが、すでに判明しています。
一番研究が進んでいるアメリカでは、1990年代以降からは、米国食品医薬品局(FDA)という組織などが中心になり、研究が精力的に行われるようになっています。今は日本でもカロテノイド研究会や薬科大学でもその特性について調査されているようです。
研究の内容としては、まず人間の血液中に含まれているカロテノイドの成分を分析するというものです。特定したカロテノイドが身体に与える影響と病気との関係を調査する形で行われました。
その研究の中で、血液の中にリコピンというカロテノイドのたくさん含まれている方は前立腺ガンを発症する確率が低いといったことが分かっています。このような研究の結果、ルテインとゼアキサンチンという成分は、目に良い影響を与えるということがわかってきました。ちなみにゼアキサンチンもルテインと同様にカロテノイドの一種です。

カロテノイドは体内でビタミンAに変化する

カロテノイドは、身体の中でビタミンAに変化することが判明しています。ビタミンAは別名で「目のビタミン」と言われるくらい目にとって非常に重要な栄養素です。目で何かを見るという行為は、その分だけビタミンAを消費することになります。
この時点で、すでにカロテノイドは、目に良い影響を与えているということがわかると思います。
カロテノイドのゼアキサンチンとルテインについては、特に目に良いということがわかっています。目の黄斑部という組織に存在して、視力に関係する非常に大切な機能を持っています。ブルーライト等の有害な光から目守ってくれる役割も担っています。その効能からルテインは、「天然のサングラス」とも言われているくらいです。目や、視力についての色々な働きは、ゼアキサンチンとルテインが深く関わっているということです。

まとめ

ルテインとは、目に良い栄養素であるカロテノイドの一種です。カロテノイドは体内で目に良いとされるビタミンAに変化します。さらにの中でもルテインは、目を特に目に良い役割を担っています。その効能については、すでに研究でも実証済で現在もいろいろな機関で調査が行われています。ルテインの他にもゼアキサンチンという栄養素も同様に目に非常に良い栄養素です。

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。