ブルーベリーの上位互換のビルベリーに注目!!その違いはなに?

目に良い食べ物として、一番有名なのは、ブルーベリーですよね。サプリメント、飴、食品と様々な形で摂取できるようになっています。そのブルベリーより目に良いとされる「ビルべりー」というものをご存知でしょうか?

今回は、【ブルーベリーの上位互換のビルベリーに注目!!その違いはなに?】と題して、

ブルベリーの効能やそれよりも効果があるとされるビルベリーの効能も紹介していきます。また2つの違いについても解説していきます。



ブルーベリーが目に良い理由

ブルーベリーには老化防止効果があり、一部の欧米各国や韓国などでは医薬品として活用されています。日本では目に良いとされて有名ですが、様々な分野で活用されています。例としては、下記です。

  • 血管障害
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍
  • 肉体疲労
  • 糖尿病網膜症

実際のところ日本ではまだそこまでの活用はされておらず、目に良い食べ物として扱われていることが多いです。

ブルーベリーが目にいいとされる理由は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富にあるからと言われています。アントシアニンには、抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や老化を防止してくれる役割があります。

目に良いと言われているが具体的には・・・

ロドプシンという網膜内にある赤いタンパク質と呼ばれる物質をアントシアニンによって再合成促進をすることにより、視力の低下を予防できると言われているのです。簡単に言うと、眼の老化を防いでくれるので、視力が落ちることを予防できるということです。勘違いしている方が多いのですが、基本的には視力を回復する効果はありません。これ以上視力が低下しない為のものだとということです。しかし、今の状況を維持することや目だけではなく、肉体疲労等にも効果はあるので、積極的に食べていきたいフルーツの一つです。

ビルベリーがブルベリーより良いとされる理由

結論からいうと、ビルベリーは一般的なブルーベリーと比べると、アントシアニン含有量は2倍~3倍にもなると言われているのです。つまり目に良いとされるアントシアニンがブルベリーより豊富だからです。ビルベリーというのは、ブルーベリーの原種であり、近縁種なのです。実際にあまりみたことがないと、違うものという認識をもっている人も多いようですが、同じ性質を持っています。ノルウェーやスウェーデン、フィンランドなどの北欧で自生している野生種です。皮の中まで青紫色をしており、アントシアニンの量が多いことがわかります。効能から考えるともちろんビルベリーを摂取するほうが、効果が高いです。しかし、あまり身近なフルーツではない為、現実は摂取するのが難しいといわれています。どちらも目の老化防止にはとても効果的なので、日常的に摂取することで視力を維持していけるでしょう。最近ではサプリメントなどに配合されることも増えてきていますので、手軽に摂取することが可能です。

まとめ

ブルーベリーとビルベリーに含まれるアントシアニンには、老化防止の効果があり、目の視力低下の予防に効果があります。そして、ブルーベリーとビルベリーの違いは、アントシアニンの量であることがわかりました。数値で言うと2倍~3倍にもなります。当然、効果が高いのは、ビルベリーですが、あまり身近なフルーツではないため、実際にはブルーベリーで摂取するのが現実的です。どちらもアンチエイジング効果や老化防止に役立ってくれますので、眼の健康を考えた時には積極的に摂取していきたい成分です。直接、摂取しにくいという方は、ブルーベリー、ビルベリーに含まれるアントシアニンを摂取できるサプリメントも販売されていますので、活用していくのもいいでしょう。眼の健康を考え、早い段階から始めることで視力の維持、病気の予防に役立ってくれるでしょう。

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。