1月23日公開映画!!ニンニンジャーVSトッキュウジャー!二つの世界が一つに?!

ニンニンジャー トッキュウジャー 映画

ついに1月23日に「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」

が公開されますね!この日を息子と楽しみに待っていました。

現在、日曜朝7:30から放送している「ニンニンジャー」とその前作である「トッキュウジャー」がタッグを組み映画になりました。

この新旧の戦隊シリーズのコラボ作品映画は毎年ありますよね。

個人的には、この二つが特に好きなのです!(笑)

ということで、勝手ですが、今回の記事は、

【1月23日公開映画!!ニンニンジャーVSトッキュウジャー!二つの世界が一つに?!】

と題して、映画の概要、ニンニンジャー、そしてトッキュウジャーの世界について紹介していきます。



トッキュウジャーの世界

特急1号がよくいうセリフの一部に「イマジネーション」という言葉がありますよね。

そのイマジネーション(夢見る力、想像する力)を持つ者だけがみることのできる世界、

それが、「レインボーライン」と呼ばれる光り輝く線路です。

そして、そのトッキュウジャー達が乗る力強く走る正義の軌道車両、それが「烈車」です。

一方、世界を闇で包み込もうと企む「シャドーライン」と呼ばれる悪の線路があり、

その上を暴走して人々を恐怖に陥れるが悪の軌道車両が「クライナー」という列車です。

そのシャドーラインから世界を守ろうと立ち上がるのが、

「レインボーライン」のトッキュウジャーというわけですね!!

今回の映画でも面白い電車がでてくるらしいので、それも楽しみですよね!!

ニンニンジャーの世界

戦国最凶最悪の武将・牙鬼幻月。伊賀崎家率いる忍者たちは、激しい戦いの末、見事封印することに成功します。

しかし、死に際に不吉な言葉を残したのです。「444年後もう一度、恐怖で天下統一支配する」と・・・・

そして時は流れ、牙鬼幻月は、妖怪として復活をします。

そして、ラストニンジャの伊賀崎 好天は、再び、牙鬼幻月の封印に成功するのです。

そしてさらに時は流れ、牙鬼幻月の封印は徐々に説かれていく・・・

人々の「恐れ」を集めて牙鬼幻月を完全復活させようと「牙鬼軍団」が人々を襲い始めます。

そこに現れたのが、ラストニンジャの伊賀崎 好天の孫5人というわけですね!!

この5人がいろいろな技を使って牙鬼軍団を退治していきます。

合言葉は、「忍びなれども忍ばない!」です。

映画でもおもしろい妖怪の登場がありますよ!!

映画ニンニンジャーVSトッキュウジャー!!

スーパー戦隊シリーズの39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」と、

その前作「烈車戦隊トッキュウジャー」がコラボレーションする劇場版映画です。

悪の組織シャドーラインに生き残りがいたようですね。その名は、闇博士マーブロ。

マーブロは、伝説の忍者の「闇クローン」を作り出すため、

手裏剣戦隊ニンニンジャーをおびき寄せて罠にはめるが、そのピンチにやってきたのは、

もちろんシャドーラインと戦ったトッキュウジャーです!!!

しかし、少し遅かったか、すでに闇のオーラに包まれた天晴(アカニンジャー)から、

ハイブリッド忍者「闇アカニンジャー」が誕生してしまいます。

早く助けないと天晴が消えてしまう・・・そんな恐怖と戦いながらトッキュウジャーとの

絆を深め協力して、敵に挑むというような映画ですね。まだ見てないですが。(笑)

まとめ

とにかく絶対におもしろいし、子供と見に行きたい映画ですね!

妖怪列車という面白いコラボ要素も出てくるみたいなので楽しみですね。(^^♪

個人的には、二つの世界が入り混じるシーンに期待しますね。

前作であったのは、違う世界の敵は倒せないというのがありましたね。

つまり、ニンニンジャーは、シャドウラインの敵を倒せない、反対にトッキュウジャーは牙鬼軍団の敵を倒せない・・

みたいな設定があったらまた面白いなと思いますね★

あとは、マーブロ役の南キャンの山ちゃんが早く見たい。(笑)

公開はもうすぐです!!終盤に差し掛かったニンニンジャーの集大成ともいえる作品だと思います。

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。