仮面ライダーの切り替わり時期はいつ?モチーフってどうやって決まっているの?

子供達のヒーロー、仮面ライダー。その人気は、長く、いつまでたっても衰えを感じませんよね。

私が子供のころからやっていて、今は息子が新シリーズを毎週食い入るように見ています。

親子で楽しめる、もはや、娯楽の一つといっても・・・それは過言ですかね。笑

でもそれくらい楽しめるシリーズが続いていますね!

今回は、【仮面ライダーの切り替わり時期はいつ?モチーフってどうやって決まっているの?】

です。仮面ライダーの切り替わり時期や、モチーフの決め方・・などなど仮面ライダーについて気になる情報をお届けします!



仮面ライダーの定義

仮面ライダーって知らない人はいませんよね。しかし、仮面ライダーって何って言われると意外に答えに困りませんか?笑

私の場合、いろいろな答えがありすぎて、最終的に仮面ライダーの定義ってなに?っていう哲学的な悩みに陥りました・・・

そこで、本題に入る前にまず仮面ライダーの定義について考察してみました。

1971年から始まった仮面ライダーシリーズは現在で登場した仮面ライダー・・・なんと・・134名です。多い・・・笑

これだけ多いとそれぞれに特徴がありすぎて共通する定義というものが、なかなか見つからないんですね。

強いて言うならば「人外の力を持ち、変身することができる戦士」ですね!・・しかし、ここでこの定義の例外を発見。

仮面ライダー龍騎のオルタナティブです。これは、「人外の力を持ち、変身することができる戦士」なのに仮面ライダーではないらしいのです。

独自に開発した「疑似仮面ライダー」とのことです。これは、もう定義がないですね・・・wikiで調べてみるか・・笑

途中までは私の見解とほぼ同じ、しかし、やはりオルタナティブにぶち当たってます。しかし、さすがWikipedia様。

このように定義しております。

あえて仮面ライダーの定義を挙げるならば、「原点である仮面ライダー1号と2号の特徴を部分的に受け継いでいる」ということになるとされる

なるほど!定義が広い!そうきたか!笑

でもなんとなく納得ですね。確かに主人公とされるどの仮面ライダーも何かしら1号、2号の初期ライダーの特徴を受け継いでいます。

モチーフってどうやって決まっているの?

仮面ライダーのモチーフって本当に様々ですよね。虫、魔法使い、警察、幽霊、医者・・・本当に毎回、斬新なモチーフに驚かされます。

ではこのモチーフってどうやって決まっているのでしょうかね。正直これはわからないですね!笑

モチーフ自体は、2回先までは決まっているという噂もありますよね。おもちゃやプロモーションの企画でそれくらいは先行して決めとかないといけないのでしょうか。

例えば、2016年仮面ライダーは、「ゴースト」。その前は、「ドライブ」。そして2017年は、「エグゼイド」です。ドライブが始まっている時点で「エグゼイド」は決まっていた

ということであれば、その年の流行という考え方はなくなりますよね。んー・・・読めない。笑

鶴の一声で、バンっと決めるということもありそうだし、なかなか予測ができないですね。

これに関しては、有力な情報が入り次第また、記事にしたいと思います。

仮面ライダーの切り替わり時期はいつ?

切り替わり時期については、シリーズを通してみている方は、大体わかるようになってきましたね。

現在の切り替わり時期は、大体、

10月の最初の日曜に始まり、翌年9月の最終の日曜に終わる

という感じになってきています。下図のような感じですね。

名称 初回放送日 最終回放送日
仮面ライダー鎧武 10月6日 9月28日
仮面ライダードライブ 10月5日 9月27日
ゴースト 10月4日 9月25日

ただし、いままでずっとこのようなスケジュールだった訳ではなく、大きくずれたり、若干ずれたりというのを何度か繰り替えし、今のようなスパンになっているようです。

大体、仮面ライダーは50話前後で終わります。1年で日曜は大体50回くらいですからね。

まとめ

現段階での仮面ライダー切り替わり時期は、9月の最終日曜~10月の最初の日曜です。

モチーフの決定については、現在有力な情報があまりないのが現状ですね・・・まぁ、それが漏れたら大変ですよね。

仮面ライダーの切り替わりの楽しみとして、そのモチーフ予想もありますよね。

今回の記事では、仮面ライダー切り替わり時期とモチーフ、そしておまけに定義まで解説しました。

ネタ記事程度に参考にして頂ければと思います。

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。