企業内情報システムが最もやるべき事は「現場を知ること」

私は以前、ある企業内の情報システム部門に在籍しておりました。

通常のSIerとは違い、やはりそこでの悩みや葛藤がありました。

そこで今回は、

【企業内の情報システムが考えるそのあり方】

と題して、私が企業内情報システムとして感じたことをありのままに書いていこうと思います。



企業内の情報システムの役割とは?

IT初心者 サイト

大きく分類すると下記のように分類されます。

  • IT戦略・システム企画
  • 基幹システム構築・運用・保守
  • インフラ構築・運用・保守
  • サポート・トラブル対応

IT戦略・システム企画

ITのデータを基とし、経営戦略を支えるシステムの企画立案・要件定義を行う。各部門のヒアリングや業務分析を行い、業務プロセスの改善を推進していく。
基幹システムの構築と関連付けて実施されることが多い。

基幹システム構築・運用・保守

現行稼働しているその会社の基幹となるシステムの運用・保守。さらに業務知識と社内ユーザーの要望を基にしたシステムの改善提案及び、再構築。

インフラ構築・運用・保守

ネットワーク、サーバー運用・監視・障害対応。セキュリティ対策、データバックアップ等。
またサービス向上の為の新技術・製品の導入検討や評価。クライアントPCまで含めたインフラの全体的な対応

サポート・トラブル対応

日々、現場(例えば店舗等)からある問い合わせの対応、トラブルの解決の為に現場へ向かう等の対応

やることは多岐にわたる

前述しましたが、やること、やらなければ行けないことは本当に多岐にわたります。これは情報システムに従事している方なら共通している部分もありますが、やはり決定的に違うこともあります。

上記にある役割をすべて外注するにしてもそこは社員としてしっかりと理解しないといけません。また自社のメインの業務を徹底的に理解しないといけません。一部ではなく全てです。
企業の規模にもよりますが、ある意味「スーパーマン」のようななんでもできることが求められます。(ちょっと大げさかもしれないが・・・)

現場の声に耳を傾ける

あくまでも私の考え方ですが、自社のパッケージ製品等を持っている企業にとっては、一般の消費者がお客様ですが、企業内情報システムにとっては、現場こそがお客様という考え方をしています。

実際にシステムを使うのは他ならぬ現場の最前線にいる方達です。その方達にとって使い易いシステムを提案・提供するのが最大の役割だと思います。その為には現場の方の声に耳を傾けることが大切です。では耳を傾けるとはどういうことをすればいいのでしょうか。

「現場」「現物」「現実」の三現主義

判断の基準として「現場」「現物」「現実」のこの3つが重要だと感じでいます。

机上で判断するのではなく、まず「現場」に自ら足を運び、「現物」を自分の目で確かめ、さらに「現実」自分で認識することをが大切です。
最近では、情報システムの進化やインターネットの普及により、膨大なデータの情報を獲得・蓄積することが可能になりました。
直接現場へ見に行かなくても現状をしることができるようになりました。データさえあれば現場で何が起きているか予測もできる時代にまでなりました。

しかし、データや情報を分析して検証することであたかも現場で起こっているということを決めつけていたり認識した気になり、それが原因で誤った判断をしてしまうことがあります。
データや情報はあくまでも現状の結果を表しているにすぎず、それらのデータや情報だけでは正しい判断は決してできません。

データや情報は大事なのは言うまでもありませんが、それだけでなく、「現場」「現物」「現実」の3つの「現」を意識することで、企業内の情報システムの価値は上がると考えています。これを意識していくことで、現場の方を支えながら新しい提案も可能になります。

まとめ

今回は自分の思ったままのことを記事にしてみました。企業内情報システムとして、この考え方が正解とは思っていません。

いろいろなやり方があるとは思いますが、その中の考え方の一つとして参考になればと思います。その考えを持ち、現場の方々を支えながら、「じゃぁ次は何ができるか」と常に考えることこそ、企業内情報システムの本質なのだと思います。

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。