サービス終了ですべてが無に・・それを見極める方法は?!

私の好きなゲームの一つだった、あるゲームがサービス終了を迎えました。

なんとなく人気に陰りが出てきたので、そんな気はしていたのですが、いざ終了となるとても悲しいですね・・・

今回は、

【サービス終了ですべてが無に・・それを見極める方法は?!】

と題して、なぜサービス終了するのか?その前兆は?それを見極める方法があるのか・・・等を書いてみました。



サービス終了とは?

ご存知の方が多いと思いますが、ここから書かせてください。

サービス終了とは、

  1. サポートの終了
  2. アップデートの終了
  3. アプリ自体の終了(配信停止)

結果的には、「3.アプリの終了」につながる場合がほとんどですね。

なぜサービス終了するのか?

主な原因は下記ですね。

  • プレイ人数が少ない
  • プレイヤーの質が悪い
  • 運営の質が悪い
  • 利益が出ない
  • 想定外の重大な不具合が発生
  • 続編登場による終了

プレイ人数が少ない

ゲームを作る側はとにもかくにもプレイする人がいないと何もならないです。「プレイ人数が少ない」のが最も多い原因でしょうね。プレイヤーが多いとその分、有償アイテムを購入してくれる確率もグンと上がるわけですからね。すべての原因の根本がこれにあたるといっても過言ではないと思います。

プレイヤーの質が悪い

最近は、全国の人と自由にチャットしながらゲームができるものが増えてきました。戦闘、クエストをしながら戦略を自由に立ててグループの一体感も増し、それが結果そのゲームの楽しさにもつながります。しかし、それを売りにしてゲームにするのですが、その「自由に発言できる」良さと「匿名」という要素が組み合わさると、心無い言動をすることが容易になってしまうのです。それが原因でプレイヤーが減少したり、そもそもゲームとして質や評価が落ちてしまうことがあります。十分、サービス終了の原因にもなり得ることです。

運営の質が悪い

プレイヤーだけではありません。せっかくゲーム性はいいのに運営の対応がとても悪く、結果、「ゲームの質が落ちる」→「ユーザー減る」→「利益減」→「サービス終了」となる場合もあるんです。私の体験ですが、あるゲームで運営が「○○は絶対に実装しません」と断言しておきながら2ヶ月後にそれを実装したということがありました。ソシャゲなので、進化するのは当たり前です。それを運営側があり得ないと断言してはいけないと思うのです。案の定そのゲームはその4ヶ月後、サービス終了になりました。ユーザーに嘘を付くのは、言うまでもなく、してはいけないことです。

利益が出ない

最終的な判断は、これしかないですよね。ゲームを運営している会社も企業です。利益がないとやっていけません。利益がでないなら早期にその原因を究明し、改善して継続するか、ズバッと断ち切るかです。多くは断ち切り新しいゲームに向けることが多いでしょう。

想定外の重大な「何か」が発生

あまりケースとしては無いですが、あったら割りと話題になりますよね。かなり有名になりましたが、正式サービス開始からわずか26時間でサービス終了したゲームがありましたよね。。重大な不具合なのか何なのかは明確にはならなかったですが、よほどの何かがあったのでしょう。データの消失なんて事例もありました。復旧ができないので、本日をもってサービスを終了するというものもありましたね。レアケースですが、こんな事が原因で終了することもあります。

続編登場による終了

これもあまりケースとしては無いですが、前向きなサービス終了ですね。続編を別ゲームへ移行させる手段ですね。元々のゲームはなくなりますが、何かしらの引き継ぎ要素があったり、特典があったりします。それが無いものもありますが、ある程度ユーザーが見込めて、新システムでのゲームリリースとなるので、運営的にもユーザー的にもいい形といえますね。ストーリー的にもゲームが終わらないというのはユーザーにとってはうれしいですね。

前兆として考えられることは?

よくサービス終了間際なると有りがちなことは、下記のようなことです。

  • 攻略サイト、2chなどの掲示板に書き込みが全くない
  • ゲーム内のチャットが閑散としている
  • 新規ユーザーをかなり優先したイベントの開催(集客目的)
  • イベントが使い回しになる
  • ゲームバランスが崩れるような武器・キャラの登場
  • 今まで以上に課金を促すようなイベント開催

どれも本当に有りがちなことです。最近終了したゲームを調査した所、見事に全てが当てはまります。

ユーザーが減ったことによる関連サイトやそもそもゲーム内の過疎化。そして運営側は攻めるか諦めるかに分かれますね。新しいようで新しくない使い回しのイベントや逆に巻き返す為に一か八か壊れアイテムを登場させたりどちらかですね。かなり苦し紛れで逆に追い込まれるパターンもあります。

サービス終了しないアプリを見極める・・・?

サービス終了しないソシャゲなんてありません。10年続いたソシャゲが突然終了したケースもあります。いつ終了が訪れるかは、本当にわからないです。ただし、長く続くゲームにもやはり特徴があります。当たり前ですが、前兆で上げたことの裏返しが見極めるポイントだったりもします。

AppStoreのランキング

一番簡単な方法ですね。トップセールスのトップ10に入っているゲームは、当分サービス終了なんてないですね。売上、ダウンロード数、利用者数どれもある一定数を常にキープしているものです。

CMが定期的に流れる

それだけ利益があり、。パズドラや白猫なんて有名人を起用し、全国波で普通にCMを流しています。テレビ番組のスポンサーの企業もあります。堅い地盤があれば、トラブルも少なく何かあった時の対応に信頼がおけますよね。

セールスランキング

アプリの売上のランキングも重要な指標ですね。APPLIONというサイトの情報がわかりやすく信憑性が高いです。セールスランキング、いわゆるセルランでずっと上位をキープしているものは、サービス終了することは当分はないと判断できます。

サービス終了で失うもの

実際に経験したことのある方ならわかるかもしれないですが、結構ショックですよね。課金した方なら尚更そのショックは大きいでしょうね。いままで課金したすべてにおいて何も残らないわけですからね。「あの時の楽しい時間を買った」思えば励ましにはなるでしょうが、終わった時はそんなことすぐには思えません、(笑)ただし、失うものだけではなく、そのゲームで出会った仲間やそこで得た知識もあります。それを次のゲームに活かすこともできるはずです。

自分のやりたいゲームをやる!

サービスが終了しなさそうなゲームを選んでも結局プレイする自分が楽しくないと全く意味がありませんよね。誰もがやっていて、人気があって当分続きそうなゲームだが何となくハマらない。人気がないが、とにかく自分が熱中できるしハマる。この両者の場合、後者の方がやはりプレイする身としてはいいですよね。サービス終了しそう・・とかそういう考えは無しでとにかく自分のやりたいゲームをやるのも全然有りです。私自身がそうです。ただ・・・それがサービス終了したときのショックは大きなものでしたね。大げさかもしれないですが、覚悟が必要ですね。(笑)

まとめ

自分の好きなゲームがサービス終了したので、今回こんな記事を書いてみました。ソシャゲですからサービス終了しないものなんてないです。しかし、それまでを長く遊びたいのであればやはり見極めることが大事なのかなと思いました。私のやっていたゲームは、2年で幕を閉じました。これからまた盛り上がるのかなと期待していた矢先のいきなりサービス終了でした。たしかに途中で今回紹介したいろいろな要因が当てはまるようになりました。そこからユーザーが激減して、過疎化が急速に進みました。覚悟はしていましたが、いままでそれにかけてきたお金、時間が全て無に帰すわけですからショックは大きいですね。でもその2年間は本当に毎日のようにプレイし楽しい時間を過ごせましたし、ゲーム仲間ができました。失うものだけではなく、そこで出会ったゲーム仲間と新たなゲームへという方も大勢いました。

「人気があり当分サービスが終了しない地盤がしっかりしているゲームをやる」 or 「人気がないが自分に合っている(ハマる)ゲームをとにかくやる」

皆さんはどちらの考え方をお持ちですか?

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。