【月曜ゴールデン】のぼうの城ってどんな映画?主演の野村萬斎って?

月曜ゴールデン のぼうの城 野村萬斎

1月18日に月曜ゴールデンで「のぼうの城」が放映されるようですね!

大好きな映画としては、放っておくわけにはゆき来ませんね。

放映の前にみなさんに情報として「のぼうの城」に関する情報をお伝えしたいなと思い立ったわけです。

ということで、今回は、

【月曜ゴールデンののぼうの城ってどんな映画?!】

と題して、のぼうの城に関する情報をお伝えしたいと思います。



どんな映画?

『のぼうの城』は、2012年に公開された映画で、元々は、和田竜氏による日本の歴史漫画作品です。

月曜ゴールデンで放映されるのはもちろん映画です。そして、その映画のキャッチコピーは・・・・

「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」「この男の奇策、とんでもないッ!」です。

映画を見た方も多いと思いますが、まさにこのキャッチコピーがそのまま!!という感じです。

詳しいネタバレはいろんなサイトに書いてあるのであえて書きませんが、一見の価値はあります!!

見る前にキャッチフレーズの「でくのぼう」そして「奇策」の二点を頭に入れてみてください。

その意味がわかった時・・・この映画にはまっているはず!!

見どころは?

基本的には、その歴史の事実の流れに沿って映画自体は作成されいますが、

なぜか現代の世界観が所々に混ざっているような感じがします。

特に私のようなサラリーマンの気持ちがわかっているかのようなセリフ回し、

そして行動がどことなく親近感が沸きます。

親近感が沸くのですが自分にはできない、

そして考えもつかない奇策で上層部を圧倒するのを見ると、

見終わる頃には、とても気分が良くなります。これが不思議な感じがして面白いです。

何より主演の野村萬斎さんの演技がまたいいんです!!

野村萬斎さんだけでなく他の俳優さんの演技もまた素晴らしい。

そして何より、映画途中で出てくる「田園踊り」。これがすばらしい!

この踊りや歌はすべて野村萬斎氏が携わっているだけあって、見た人の心ががっちりと掴んでいます。

やはり、俳優以前に根本に「日本の芸」がある方は違うなといい意味で思い知らされました。

一見の価値ありです!

野村萬斎ってどんな人?

野村 萬斎(のむら まんさい)野村萬斎としては二代目で、本名は、野村 武司〈のむら たけし〉だそうです。今年で50歳。

狂言方和泉流の能楽師で、俳優。まぁとにかく由緒ある狂言のお家の二代目ということですね。

映画、ドラマだけでなく、NHKの「にほんごであそぼ」などの教育番組にも多数出演しており、その活躍の幅は多様で、

器用さに驚かされますね。最近はバラエティやCMでもよく見かけますよね。多才な持ち主の野村萬斎氏ですね!

もちろん俳優としては、映画「陰陽師」でも主演男優賞のブルーリボン賞を受賞するなどその俳優としての才能も

すばらしいものですね。

そして、この「のぼうの城」で日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞されています!

この「のぼうの城」は野村萬斎氏の最高傑作といっても過言ではないのでは?!という呼び声も高いです。

ぜひ、見ていただきたい作品として、おすすめします!!!

まとめ

月曜ゴールデンで放映される「のぼうの城」

野村萬斎氏の過去最高傑作といっても過言ではありません。

俳優、狂言師として多才な持ち主のこの作品は、他でも高評価を得ています。

その世界観はもちろんのこと、野村萬斎氏が手掛けた歌と踊りも注目できる作品となっております。

この映画が見る人へどういうメッセージを投げかけているか・・・

そして、本物の狂言師が手掛けたも歌と踊り・・・・

この二つを是非!注目です!!(^^♪

著者プロフィール

pandaman
30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。
1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。
企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。
(TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30歳の二人の子持ちで、職業はSEです。 1年間スマホ記事のゲームライターをしていました。 企業内システムエンジニアで、主にモデル設計を担当。 (TMモデル・ERモデル)当サイトについては、ネタ記事、本格ゲーム攻略、子供向けアニメ・・様々なジャンルの記事を書いています。